FC2ブログ

2019-12

★折れない心

こんにちは! アクセスありがとうございます。
ご機嫌いかがですか? 暖かい気持ちで冬をお過ごしですか?


例えば、事故などで足を骨折したら、
入院して、添え木やコルセットなどをして、
治療に専念すると思います。
複雑骨折であれば、手術が必要な場合もあります。

少し回復すると、松葉杖などを使って、
歩行訓練やリハビリをしたりしますよね。

安静にして、しっかり治療をしておかないと、
骨がつかず、将来に憂いを残すことになります。
焦っても直ぐに治るものではなく、
元気になるまでには治療期間も必要ですよね。

「心」にはカタチが無く、骨もありませんが、
もし、折れてしまったら…

場合によっては、添え木やコルセットが必要だったり、
リハビリが必要だったりするかも知れません。

そのままの状態で再生されればイイけど、
傷や大きな穴(トラウマ)を負ったままだと、
後に影響を与えることにもなりかねません。

時の経過が癒してくれることもあるでしょうが、
焦っても直ぐに治るものではありません。

ただ、日頃からの鍛錬や栄養で、
簡単には折れない「心」を持つことは可能です。
柔軟にしなる「心」を持ちたいですね。
弾力性と潤い感のある「ハート」がイイですね。


ご覧戴きありがとうございます。
自分を大切に… 労わり癒し、進化成長しましょう。
スポンサーサイト



★健全な自己愛

こんにちは! アクセスありがとうございます。
ご機嫌いかがですか? 有意義な新年をお迎えですか?


私(煌龍 剛)は…
もっとハッピーになるための法則(ヒント)として、
日頃から「自分を好きになりましょう…」など
鑑定やブログで言い続けています。

市販されている自己啓発や開運などの本でも、
“健全な自己愛”の推奨は、
たびたび見掛けるフレーズではないかと思います。

で… 頭や理屈で理解して、
自分を愛するように心掛けようと試みても、
積み重ねてきた長年の思考の癖は簡単に変えられず…

「自分を好きにならなきゃ!」
⇒「好きになれない自分」
⇒「なんで好きになれないの?」
⇒「こんな自分は嫌…」

そんな悪循環から抜け出せない人がいらっしゃいます。

なかなか自分を認められなくて、自信が持てなくて、
何だか、そんな自分を許せない感じなのかも知れません。

或いは、自分を好きになることを恐れ、
嫌いな自分のままでいたいのかも知れません。

それでも…
そんな心掛けや試みを続けているうちに、
必ず少しずつ改善します。

自分を好きになることができれば、
粗末に自分を扱わないようになり…

そうなると、人から尊重されるようになり、
人から愛されるようになります。

一気に変化しなくても、健全な自己愛を理想として、
そうなろうとする気を持ち続けることは大切です。

思い込みや決め付け、一般論や常識に縛られず、
楽しみながら自分を好きになりましょう。

自分を好きになるための工夫や努力も重要ですが、
あくまで目的は、もっとハッピーになるためです。


ご覧戴きありがとうございます。
自分を大切に… 労わり癒し愛しましょう!

★「別れる」という選択肢

こんにちは! アクセスありがとうございます。
ご機嫌いかがですか? 心穏やかな毎日をお過ごしですか?


何事に対しても自分の判断が、
「いつも間違いなく誰より正しい…」
思い込んで疑わないような人は、殆どいないと思いますし…

もし、そんな人が存在したとしても、
それは知識が乏しく視野が狭いだけで、
稚拙な精神性や傲慢さの表れでしょう。

ただ、「誰よりも…」 ではなかったとしても…

恋人や夫婦、職場などの範囲の狭い関係において、
その相手を見下し支配することで、
優越感を満たそうとする人は、けっこう存在します。

身近な存在に、“勘違いした自信”から、
こちらを尊重することなく否定し続けるような人がいて、
長く密接に関わっていなければならないような人生であれば、
辛くつまらない毎日となるでしょう。

「いつかは解ってくれるはず…」という期待感だけを拠り所に、
「自分さえ我慢して抑えれば…」と納得しても、
結局、何も改善しないまま時だけが過ぎていきます。

時には、自分の幸せのために…
そして、ひいては相手の幸せのために…
「別れる…」という決断や勇気が必要なこともあります。

それは「逃げる…」とは異なります。

「逃げずに耐え忍ぶこと…」が、
乗り越えるべき試練や課題であることもありますが、
ひょっとすると「別れる…」など、
別の選択肢を探すことが、もっと重要なテーマかも知れません。


ご覧戴きありがとうございます。
自分を大切に… 自身を労わり癒し愛しましょう。

★相手に変わって欲しい

こんにちは! アクセスありがとうございます。
ご機嫌いかがですか? 楽しい新年をお過ごしですか?


恋愛や家族、友人や職場… などの身近な関係で、
相手に「変わって欲しい…」と思うことはよく起きます。

ただ、相手が変わるかどうか…
相手の感情や意志は相手のものであり、
こちらがどれだけ希望しても、
コントロールや支配はできません。

また、「相手に…」と思っている自分の中に、
見つめ直して克服すべき『エゴ』が潜んでいるかも知れません。

まずは、自分が相手に何を求め望んでいるのか?を
ご自身(心)と向き合って確認することが、
魂を磨き、人生のテーマや課題に取り組む姿勢となりますが…

例えば、恋愛で…
もっと好きになって欲しい… 大切に扱って欲しい…
優しくして欲しい… 一途に愛して欲しい…

そんな風に願望して、叶えることは可能でしょうか?

例えば、お仕事で…
もっと評価して欲しい… 優柔不断はやめて欲しい…
無責任に人のせいにしないで欲しい…

そんな風に上司に対して願望して、
その仕事っぷりや人間性は変わるでしょうか?

「真剣に願望すれば叶います!」

と言いたいところですが…
願望するだけでは変わることはないでしょう。
神様や仏様に祈っても変わることはないでしょう。

これは、「諦めろ!」という話しではありませんが、
願望や祈りだけで変わるものではありません。

と言うか…
変わって欲しいと思うのは「自分にとって…」ですよね。
相手は「変わりたい…」と思ってないのでは?

であれば… 相手を支配したり、
コントロールしたいと願っているようなもので、
神様や仏様が応援するとは思えません。

そんなエゴを叶えてしまったら…
言いなりになりますように… 都合良く動いて欲しい…
そんな願望も叶ってしまうことになります。

「こんなに愛しているのに…」と思えば、
相手の反応次第で、寂しさや悲しさを感じることが
起きるかも知れません。

ただ、現実的には、我々の多くが、
愛したことへの見返りを求めます。
むしろ、与え続ける愛を貫ける人の方が、
稀で珍しいのかも知れません。

「変わってくれたらイイのに…」と
思うこと自体が悪いのではありません。
そう思うのは当たり前かも知れません。

で… こんな風に捉えてみてはどうでしょう?

恋愛や仕事に限らず、家族や友人… に、
相手が思い通りにならないことで、
相手に変わって欲しいと願望するのではなく…
まず、自分はどうあるべきか?
なぜ、今そんな課題に直面しているのか?


神様や仏様は、いつも我々を応援してくれます。
(と私は信じています)

それは、都合の良いことを叶えるという事ではなく、
「愛」などの大きなテーマを学ぶためのご加護です。

今、何を学ぶ課題を与えられているのでしょう?
自分の範囲なら、今すぐにでも変わることは可能です。


ご覧戴きありがとうございます。
自分を愛し労わり、大切に扱いましょう

★原因と結果と永遠

こんにちは! アクセスありがとうございます。
ご機嫌いかがですか? 自分を大切にしていますか?


我々の多くが持つ思考の傾向として…

『キャンドルに灯された火…』 が消えるのは、
「風が吹いたから…」や「ロウが溶けたから…」など、
直接的で誰もが納得できそうな原因を探し、
その原因に目を向け、拘ったり執着したりしながら、
「ああしておけば善かった…」みたいに嘆いたり、
受け入れ難い結果に至った経緯を後悔したりします。

前向きに捉えるなら、そんな思考の傾向は、
同じ過ちを繰り返さないための反省であり、
今後や未来に向けた『学び』にもなります。

そして、多くの人が時の流れと共に、
嘆きや後悔の念も癒され執着が薄れます。

また、神か仏の『オボシメシ…』と捉え、
全てを受け入れようとする場合もあるでしょう。

これらの解釈や捉え方…
気持ちの整理や処理の仕方… は、
どれが「正しい」というものでもないし、
どれが「間違い」というものでもありません。

ただ… この世の全てにおいて、
『永遠』というものは存在しません。

キャンドルの火 が消えた原因は、
「風が吹いた」や「ロウが溶けた」もありますが、
何よりまず… 「キャンドルに火が灯された」です。

火が灯された瞬間から『消える』へ向っています。
これは逃れようのない宿命です。

しかし… 無用に切なく儚く捉えるのではなく、
それだけに… 今この瞬間を大切に、
精一杯真剣に、生命という火を輝かせ、
定めを全うしなければなりません。

いつ訪れるか判らない瞬間を恐れ嘆くより、
灯された火に感謝し、懸命に燃やし続けましょう!

生命に限らず、恋愛も仕事も若さも… 同様です。
その想いだけは『永遠』となるかも知れません。


ご覧戴きありがとうございます。
自分を愛し労わり、大切に扱いましょう!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

カテゴリ

幸せな運命 (32)
自分磨きのヒント (112)
霊魂 スピリチュアル (21)
白魔術 開運 おマジナイ (17)
季節を感じて開運 (13)
素敵な恋愛 (45)
復活愛 セカンドチャンス (14)
不倫を思考する (2)
仕事運金運アップ (6)
魅力的な女性 (17)
ネガティブ タブー (28)
オーラ、チャクラ、ヒーリング (3)
風水術 パワーストーン (7)
タロット・カード (14)
インフォメーション (14)
占い Cafe HERMITS (9)
煌龍 剛 の独り言 (28)
煌龍 剛 について (8)
未分類 (2)
占術 (2)
占術全般 (11)

プロフィール

煌龍 剛 (こうりゅう つよし)

Author:煌龍 剛 (こうりゅう つよし)
開運占術セラピスト

大阪 北新地 で
占い Bar Hermits
(エルミッツ)を経営

煌龍 剛 について

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

QRコード

QRコード